第13回日本RNAi研究会
​共催 広島大学・創薬バイオマーカー拠点
「新型コロナウイルス最前線、
メッセンジャーRNA医薬とGMP国内製造の今後」
​2022年8月25日(木)〜26日(金)

 

 本年度の第 13 回日本 RNAi 研究会は、現地とWebのハイブリット開催を予定しています。

 今年は、Withコロナを意識して、可能な限り皆さんの現地集合を期待しています!
         [演者は全員現地での講演です】
基調講演 1 8 月 25 日 13 : 40 ~ 14 : 40
  宮坂 昌之 大阪大学免疫学フロンティア研究センター 招聘教授 
      「新型コロナ mRNA ワクチンの作用機序と問題点
基調講演 2 8 月 25 日 14:50 ~ 15 : 50
       鈴木 蘭美 モデルナ・ジャパン株式会社 CEO
          「mRNAの最前線」


シンポジウム1(25日):メッセンジャーRNA医薬品・DDSの今後​​

  • 秋永 士朗   ナノキャリア(株)取締役 研究開発本部長 CSO     

      「mRNA医薬とdrug delivery system

    - COVID 19 mRNAワクチンのその先に向けて -」

  • 石井 健    東京大学医科学研究所 教授      

      「コロナ禍で進んだワクチンサイエンスのカンブリア紀的進化;分子から倫理まで

シンポジウム2(26日):アカデミアがGMP製造を行う上での課題

  • 亀山 豊  ペプチスター株式会社  代表取締役社長   

      「アカデミアにおける中分子医薬品のGMP製造について

   優位点と課題についての考察」

  • 小川 敦嗣  株式会社UNIGEN 取締役 戦略渉外本部 本部長              

   「ワクチン製造の産業化におけるGMP構築の留意点と課題」

  • 櫻井 信豪  東京理科大学薬学部 教授              

    「GMP教育訓練の重要性について」

シンポジウム3(26日):核酸医薬とカッティングエッジ研究

  • 伊庭 英夫 ミラックスセラピューティクス株式会社 CEO

      「miRNAを標的とした核酸医薬の発展性」​

  • 山本 雄介 国立がん研究センター      

      「1細胞発現解析によるがんの不均一性の解明」

  • 土屋 直人 国立がん研究センター              

    「microRNAsによる腫瘍細胞と微小環境の制御」

■ 研究会

研究会への参加は、参加登録が必要です。こちらのページよりお申し込みください。

オンライン参加も登録が必要です。

・会場:グランドプリンスホテル広島
・日程:2022年8月25日(木)~26日(金)
    [第1日目] 8月25日(木) 13:00~18:00
    [第2日目] 8月26日(金) 9:00~16:00
    
・参加費:
         一般非会員: 10,000円
          一般会員:   5,000円
           アカデミア会員:   4,000円
                学生:  本年度は無料
* 参加費は事前のお振込をお願いいたします。
・参加者 : 大学など研究機関研究者、大学院生、学部学生、企業研究者
・参加申込方法:参加登録フォームよりお申し込みください
・事前登録締切:2022年8月24日(水)
 

  研究会の会員登録はこちら
 
■ 懇親会
 
* 開催しない予定です。感染状況により判断いたします。

■ 研究会組織委員会
 
日本RNAi研究会会長
 田原栄俊 広島大学・大学院医系科学研究科
 
組織委員
 清宮啓之  公益財団法人がん研究会 がん化学療法センター
 塩見春彦  慶應義塾大学
 工藤保誠  徳島大学大学院医歯薬研究部
 中城公一  愛媛大学大学院医学系研究科
 
 

■ 協賛  

特別協賛 : 医薬経済社
協賛
メイワフォーシス
キアゲン
ジーンデザイン

​協賛:


★ 協賛受付中!
 
JARI2022_タイムスケジュール.png

要旨集 e-BOOK
​下記をクリック